WRAP名古屋

CoCoらっぷのブログ

9月度WRAP連続クラスの開催です! (火, 14 8月 2018)
9月度WRAP連続クラスを開催します! 日時:2018年9月2日(日曜日) 時間:午後1時30分~午後3時30分(受付1時00分から) 会場:島田市立六合公民館ロクティ第二会議室 住所:静岡県島田市道悦5丁目13ー3 (六合駅南口より徒歩10分、六合小学校の北側です) テーマ「希望の感覚」「フリートーク」です。 ファシリテーター:カーズ、ひろぽん 参加費:500円(初回参加者に限り無料) 主催:CoCo♡WRAP(ここらっぷ) 連絡先:COCO♡WRAP メール:cocowrap427@yahoo.co.jp みなさん、暖かい雰囲気の中でWRAPについて学んで見ませんか? 元気になりたい方の方の参加お待ちしております。 あと検索で「CoCoらっぷ 島田」と入力すればCOCO♡WRAPの今までの活動を ブログで見ることができます。
>> 続きを読む

8月度WRAPクラスを開催しました! (月, 13 8月 2018)
昨日は待ちに待ったWRAPクラスの日だった。 参加者は8名、ポスターを作った甲斐があった。 あと、CoCo♡WRAPのブログを見てきました!という参加者もいて、 ブログを更新していた甲斐があった。 今日は、呼ばれたい名前を、いつもの「カーズ〇〇〇」(〇の間には日にちが入る 昨日だったら「カーズ812」になる)ではなく、進撃の巨人シーズン3が放送されていることもあって、普段は無口で背の高い「ベルトルト」と呼んでください。 と言ったら、室内が爆笑の渦に包まれた。 調子の悪い参加者が出た時に備えて、椅子を用意したら、 カーズさん、名前をベルトルトにしたから気が利くようになったんですかね? と褒められた(?)。 今日のテーマは、「WRAPの概要と元気に役立つ道具箱」だった。 WRAPの概要は、まずは元気に役立つ道具箱を作ること。 5つのキーコンセプト(希望、責任を持つこと、学ぶこと、権利擁護、サポート) 5つのことを意識しながらWRAPを作ること。 元気に役立つ道具箱から 6つのプラン(日常生活管理プラン、引き金に対するプラン、注意サインに対するプラン、調子が悪くなっているときのプランクライシスプラン、危機を脱した時のプラン)を作ること。 道具箱の中の道具を、付箋に描いて貼ってもらうといろいろな意見が出た。 ・外出する ・セルフヘルプグループ ・ぼんやりとすること ・早めに薬を飲む ・寝ること ・音楽を聴くこと ・人と自分を比べないこと ・自問自答 ・人と話すこと ・何もしないこと ・筋トレ ・部屋の清掃 ・ドライブして出かける ・ネットサーフィン ・買い物 ・皆同じと考える 休憩をはさんで、コミュニケーションをテーマに、 フリートークをしました。中でも、コミュニケーション能力を 過剰に求めすぎる今の時代についてたくさん意見が出ました。 ・今の時代、何でもかんでもコミュニケーション能力を求めすぎ! ・コミュニケーションを必要としない仕事は給料が安い! ・コミュニケーション能力がない人間は採用されない、リストラの対象になる。 ・コミュニケーション能力のない人間は雇われず、 社会保険(保険証、厚生年金、など)に入れず、自己責任で保険料 (国民健康保険、国民年金)を払うことになる。 昔のように、一度雇ったら、一人前になるまで育てる。 そこを省略して、プロ野球の外国人選手のようにすぐに結果を出すことを求める。 自分は、製紙工場で12年働いてきたが、最初の3年は見習いとして、 上司からいろいろ教えてもらった。そのおかげで、パソコンが使えるようになったり 電気計装設備について、製紙機械(マシン)のことを学んだり 10年たってようやく一人前になったという感じである。 しかし、2008年のリストラで、ベテラン社員がやめていき 休日夜間の呼び上げが毎日のようにかかり、月50~60時間の 残業に耐え切れなくなり、休職(抑うつ状態)を余儀なくされた。 製紙工場を辞めて、家具を作る工場、コンビニエンスストアの冷蔵庫を作る仕事、 ホテルの施設管理の仕事に就いたが、そこは、入ってきて働きの悪い、スピードのない社員は次々と解雇される、人を切り捨てる会社だった。 そこで病気が悪化し、解雇されたり、自分から辞めたわけである。 30社以上就活をしたが、どこにも採用されなかった。 いずれも、コミュニケーション能力がない、積極性がないという理由だった。 そして、現在のあまりコミュニケーション能力を求められない、 就労支援A型事業所に勤めているわけである。 しかし、そこで働く利用者さんがあまりしゃべらず、自分も コミュニケーション能力の低さから、しゃべることができず、 困ってしまった。経理担当のAさんにそのことを話すと、 「みんな、自分のことで手一杯なのかもね」と話してくれた。 コミュニケーション能力の向上は、自分の課題である。 父も、「コミュニケーション能力は長い目で見たら必ず役に立つから。」 と言ってくれた。 母は、「しゃべるのは得意じゃないけど、知らない人でも声をかけているよ。」 と言ってくれた。 A型事業所は一般就労へのスタートラインだから。 社長が話してくれた。 A型事業所を卒業したら、次は、長い目で見たらゆっくり成長つまり、 細く長く働ける職場に一般就労したいものである。 次回の呼ばれたい名前は、進撃キャラにしようか今まで通りカーズ〇〇〇 にしようか迷っている。ベルトルトがあまりにも好評だったので。
>> 続きを読む

仲間の力 (土, 04 8月 2018)
友人Nさんから、被害妄想たっぷりなメールが来た。 「内職の方が儲かるんだろ?やるのかやらないのかはっきりしろ!」 「今回の一件は市役所の福祉課に相談した」 「内職のの話をしていた、大声で笑っていた」 「カーズが俺の方をみてニヤリとしていた」 一昨日の夜メールが来たので、「どうしたの?」とメールを返した。 しかし、話が「内職の方が儲かるんだろ?だったらなぜやらない」 と2か月前に来たメールと変わらなかった。 このままモヤモヤがたまっていったらまた爆発しそうだったので、 WRAP仲間にLINEを使って相談してみた。 いろいろ意見が出たが、やはり、自分もそう思ったのだが、 「距離を置いた方がいい」と意見が出た。 5年前、地活に来た頃は、問題解決のための手段を持たず、 仲間もおらず、一人で抱え込んでいた。 弟からは「とっとと働いてこい」「邪魔だ」と言われ、居場所がなかった。 一人で悩みを抱えを持ってしまい、爆発することもあった。 WRAPクラスが終わると、寂しい気分になった。 でも、5年前とはもう違う。WRAP仲間、地活仲間ができ、 話を聞いてくれる地活のスタッフがいる。 WRAP仲間から、「どういたしまして。何かあったらみんなにメールをしてくださいね」 「何かできるわけじゃないけど、話は自分たちが聞きますね!」 「カーズは大変そうだね。確かに距離を取るのは大事だよね」 とメッセージをくれた。 仲間とメッセージのやり取りをするうちに、自分の中のもやもやが消えていった。 WRAPとは、自分の元気を回復する行動計画であることに気づくのに、5年の月日がかかっていた。 その間に、入れ替わりはあったものの、WRAP仲間が次第に増えていった。 この仲間は大事にしていきたい。
>> 続きを読む

ドキドキが止まらない (土, 21 7月 2018)
ドキドキが止まらなかった。あと2日で(日曜日の深夜に放送する) アニメ進撃の巨人シーズン3が始まるのだ。 今回はBS放送ではなく、なんと、NHK総合で放送するのだ。 NHKの特番「進撃の声優」という番組を見ていたら、 わくわく、ドキドキが止まらなくなり この時間にもかかわらずブログを書いているわけだ。 特に、声優さんの生アフレコは、本当に感情がこもっていて、見ていた僕も 声優さんのアフレコってこうやるんだという驚きとともに、シーズン3への 期待を駆り立てるものだった。 アニメ進撃の巨人は、声優さんも豪華だが、ストーリーも面白く、 レンタルでDVDを全巻見てしまい、ハマってしまった。 生アフレコを見て、番組にツイートしていたら、 わくわく、ドキドキが止まらなくなり、眠れなくなってしまった。 このドキドキ、わくわくは、いつものドキドキとは違う。 マイナスのお客さんも「うわああああー!」と言って逃げて行った。
>> 続きを読む

精神障がいポータル SYO

サイト内検索

コメントを残せます。

コメント: 0